仕事をしながら通院治療。抗がん剤
  は不要 限局性の固形ガンに有効。
  完治まで1~4週間。
  一部保険適応も有り。
   
   重粒子との違いは中・高リスク群に
   関しては1~3年間、ホルモン療法
   を併用する点。
   
   抗体に光感受性物質を付加した
   薬剤を 注入。病変に光を照射
   してガンを 死滅させる。
   
   患者の遺伝子解析を行い、遺伝子
   変異を見つけ出し最適な投薬を
   行う。
   
   抗ガン剤の様に正常細胞を殺すこと
   なく、ガン細胞が持つ特定の分子に
   作用して死滅させる。
   特有の副作用に注意が必要。
   
   「免疫チェック阻害薬」を使用して
   免役力を保たせる療法。
   
   人工的にウイルス変異させ、ガン
   細胞の中でしか増殖できない
   ウイルスを体内に入れガンを
   死滅させる。